色絵 菱畳地瓢箪文 大皿

色鮮やかな菱形の幾何学意匠を背景に、大小三つの瓢箪を大胆かつ巧妙に配した斬新な文様構成の大皿です。瓢箪内には鳳凰や燕子花(かきつばた)が描かれています。こうした大皿は宴会などのハレの場で使用され、大名らのステータスシンボルの一つでした。それゆえ、古九谷の大皿には同意匠のものがほとんどありません。最新の色絵技術を駆使した進取の作風の「古九谷」は、芸術文化に力を注いだ加賀藩前田家による特注品であった可能性も考えられます。

項目 内容
所蔵施設 大阪市立東洋陶磁美術館
作品ID 2294
登録番号 01878
大分類 日本陶磁
作品名(よみ) いろえ ひしだたみじひょうたんもん おおざら
時代1 江戸時代
時代2 1640-50年代頃
高(cm) 8.0
口径(cm) 35.8
肥前・有田窯(古九谷様式)
クレジット表記 大阪市立東洋陶磁美術館 写真:〓(各画像左下の撮影者名を記入のこと)
重量(g) 1,760