色絵 牡丹椿文 八角壺

胴の両面には太湖石を配した牡丹と椿の図が、八角に面取された面を意識せず大らかに堂々と描かれています。絵付の見事なまでの迫力と華やかさは、口部の歪みという欠点を補って余りあるものです。文様や造形など延宝年間(1673-1681)の柿右衛門様式の色絵磁器とも通じるものですが、胎土はまだそれほど精錬されていません。海外向け輸出品で、長らくヨーロッパにあったと伝えられています。

項目 内容
所蔵施設 大阪市立東洋陶磁美術館
作品ID 2261
登録番号 01193
大分類 日本陶磁
作品名(よみ) いろえ ぼたんつばきもん はっかくつぼ
時代1 江戸時代
時代2 17世紀後半
高(cm) 42.1
肥前・有田窯
クレジット表記 大阪市立東洋陶磁美術館 写真:〓(各画像左下の撮影者名を記入のこと)
重量(g) 6480
最大径(cm) 32.8