鉄砂 梅鳥文 壺

低い口づくり、わずかに外反する高台、さらに鉄分の多い素地で、薄茶色に焼き上がった釉色、粗々しい器底のけずりなど、通例の鉄砂壺と相違しています。こうした作例には館蔵品の鉄砂虎鷺文壺(登録番号00476)と鉄砂虎鹿文壺(登録番号01012)があります。これらは同じ窯の製作と思われますが、窯址は不明です。主文様は梅の小枝にとまる小鳥と竹で、吉祥を意味するようです。素朴ながらも味のある作風で、朝鮮時代の鉄砂を代表する作例の一つと言えます。

項目 内容
所蔵施設 大阪市立東洋陶磁美術館
作品ID 1984
登録番号 01339
大分類 韓国陶磁
作品名(よみ) てっしゃ うめとりもん つぼ
時代1 朝鮮時代
時代2 17世紀後半
高(cm) 29.9
コレクション名 李秉昌コレクション
クレジット表記 大阪市立東洋陶磁美術館(李秉昌博士寄贈) 写真:〓(各画像左下の撮影者名を記入のこと)
重量(g) 3,780
最大径(cm) 28.8