青花 内府銘 梅瓶

永楽官窯の白磁は「甜白」と呼ばれ、純白に近く潤いのある釉調が特徴です。本作品は、純白の素地の肩の一箇所に、いかにも宮廷の御用品にふさわしい風格を感じさせる「内府」銘を青花で記しています。文様は蓋にのみ描かれており、その蓋を載せると梅瓶に瀟洒な感じが加わります。蓋の内側には固定のための筒状の支柱がつけられています。蓋のない類例が台湾の故宮博物院などに見られます。

項目 内容
所蔵施設 大阪市立東洋陶磁美術館
作品ID 4056
登録番号 00704-1
大分類 中国陶磁
作品名(よみ) せいか ないふめい めいぴん
時代1 明時代
時代2 永楽(1403-1424)
高(cm) 34.0
景徳鎮窯
コレクション名 安宅コレクション
クレジット表記 大阪市立東洋陶磁美術館(住友グループ寄贈/安宅コレクション) 写真:〓(各画像左下の撮影者名を記入のこと)
最大径(cm) 21.0