色絵 牡丹文 瓶

玉縁状の口縁部に長い頸(くび)がついた大型のいわゆる長頸瓶で、胴部は緊張感ある膨らみを見せています。同時期の染付にも同様の器形が見られます。染付を用いず、赤を主体とした緑・黄・紫の上絵付で、牡丹と太湖石などが余白を生かした繊細な筆致で描かれています。底裏は窯キズを隠すためか上絵付の緑色でベタ塗りされています。柿右衛門様式あるいはそれに先行するものと考えられ、オランダ東インド会社によりヨーロッパに輸出された製品であったと考えられます。

項目 内容
所蔵施設 大阪市立東洋陶磁美術館
作品ID 2478
登録番号 02146
大分類 日本陶磁
作品名(よみ) いろえ ぼたんもん へい
時代1 江戸時代
時代2 1660-1680年代
高(cm) 45.2
肥前・有田窯
クレジット表記 大阪市立東洋陶磁美術館 写真:〓(各画像左下の撮影者名を記入のこと)
重量(g) 3,420
最大径(cm) 24.2