青磁象嵌 牡丹文 梅瓶

やや肩が張り、胴裾に向って流れるS字状の曲線が美しい作品です。とくに本作の魅力は、文様の背景を象嵌した逆象嵌による文様の構成です。文様の背景を削り落とし、そこに白土を一面に埋めることで、躍動感ある牡丹文が引き立っています。さらに文様の細部には陰刻が施されています。口部は後補です。この種の作例の陶片はまだ発見されていませんが、逆象嵌技法の完成度の高い陶片が全羅南道康津郡龍雲里10号窯址で出土しています。

項目 内容
所蔵施設 大阪市立東洋陶磁美術館
作品ID 2016
登録番号 01372
大分類 韓国陶磁
作品名(よみ) せいじぞうがん ぼたんもん めいぴん
時代1 高麗時代
時代2 12世紀後半-13世紀前半
高(cm) 32.6
クレジット表記 大阪市立東洋陶磁美術館(安宅昭弥氏寄贈) 写真:〓(各画像左下の撮影者名を記入のこと)
重量(g) 3,080
最大径(cm) 19.0