青磁陰刻 蓮花文 三耳壺

蓋の鈕(ちゅう)や肩の耳は、金属器の装飾を忠実に写しています。この部分に紐を通して、蓋と身を固定したのでしょう。小振りながらも器形、釉色、文様など、12世紀の高麗青磁最盛期の典型作の一つに数えられます。胴面にはごく細い線彫りで文様が施されていますが、少し離れるとわからないほど繊細です。蓋と身は別々に焼かれ、蓋の裏は総釉で硅石(けいせき)目が四つ、また壺の高台には耐火土目跡が四つ見られます。

項目 内容
所蔵施設 大阪市立東洋陶磁美術館
作品ID 1054
登録番号 00157
大分類 韓国陶磁
作品名(よみ) せいじいんこく れんかもん さんじこ
時代1 高麗時代
時代2 12世紀
高(cm) 18.9
指定物件 重要美術品
コレクション名 安宅コレクション
クレジット表記 大阪市立東洋陶磁美術館(住友グループ寄贈/安宅コレクション) 写真:〓(各画像左下の撮影者名を記入のこと)
重量(g) 972
最大径(cm) 14.6