白磁陽刻 四君子文 角瓶

平らな板を組み合わせた方形の胴面には、牡丹、竹、菊、梅文が施されています。こうした文様は土をチューブ状の容器から絞り出し、日本で「いっちん」と呼ばれる技法で装飾されています。さらに細部を鋭利な工具で彫り出し、端正な印象を添えています。削りによる斜角を肩に残すなど、無駄のないシャープな造形です。清楚な作風で、文人的な雰囲気がただよいます。京畿道広州市分院里窯の作例です。

項目 内容
所蔵施設 大阪市立東洋陶磁美術館
作品ID 1346
登録番号 00478
大分類 韓国陶磁
作品名(よみ) はくじようこく しくんしもん かくびん
時代1 朝鮮時代
時代2 18世紀後半
高(cm) 20.4
コレクション名 安宅コレクション
クレジット表記 大阪市立東洋陶磁美術館(住友グループ寄贈/安宅コレクション) 写真:〓(各画像左下の撮影者名を記入のこと)
重量(g) 1,340
最大径(cm) 10.6×10.8