五彩 牡丹文 盤(「大明萬曆年製」銘)

青花に赤、緑、黄などの上絵の具で絵付けをする五彩の技法は明時代の宣徳期には成立していましたが、特に盛行したのは嘉靖・万暦期です。本器では、端反(はぞ)りの盤の見込みに牡丹文を描き内側面に石榴(ざくろ)や茘枝(れいし)などの瑞果(ずいか)を、外側面に宝相華唐草文を配しています。明初以来の文様構成ながら、表現はこの時期に特有の繁縟(はんじょく)ともいえるもので、特に見込みを埋め尽くす4つの赤い牡丹の花と緑・青の葉の印象は鮮烈です。

項目 内容
所蔵施設 大阪市立東洋陶磁美術館
作品ID 73
登録番号 00678
大分類 中国陶磁
作品名(よみ) ごさい ぼたんもん ばん(「だいみんばんれきねんせい」めい)
時代1 明時代
時代2 万暦(1573-1620)
高(cm) 7.1
口径(cm) 38.5
景徳鎮窯
コレクション名 安宅コレクション
クレジット表記 大阪市立東洋陶磁美術館(住友グループ寄贈/安宅コレクション) 写真:〓(各画像左下の撮影者名を記入のこと)
重量(g) 2,300