青花 宝相華唐草文 盤

朝鮮初期青花の貴重な作例の一つです。平らでなめらかな内面の中央に宝相華文を一輪置き、そこから五方へ広がる構図です。こうした宝相華文は、中国明時代洪武年間(1368-1398)の青花文様に似ており、鍔状の口縁を伴った形は、洪武3年(1370)の墓から出土した金属盤と同形であることから、洪武様式に近いと考えられます。裏面には、チベット仏教で装飾文様として用いられた七つの宝物である「七珍宝」が描かれています。同種の盤に松や竹文が施された陶片が広州市道馬里1号窯址で、また唐草文が燓川里5号窯址で出土しました。

項目 内容
所蔵施設 大阪市立東洋陶磁美術館
作品ID 1243
登録番号 00360
大分類 韓国陶磁
作品名(よみ) せいか ほうそうげからくさもん ばん
時代1 朝鮮時代
時代2 15世紀後半
高(cm) 2.0
口径(cm) 22.7
京畿道広州道馬里など
コレクション名 安宅コレクション
クレジット表記 大阪市立東洋陶磁美術館(住友グループ寄贈/安宅コレクション) 写真:〓(各画像左下の撮影者名を記入のこと)
重量(g) 467