青花 鳳凰文 盤(「大明成化年製」銘)

胎土は精製され、釉は滑らかにとけ、文様は繊細、コバルトの発色はむらやにじみがなく、淡く典雅という成化官窯磁器の典型的な特徴を示しています。本器では盤の見込みと外側面に、一対の鳳凰を描き、余白を宝相華文で埋めています。1987年、景徳鎮市珠山において明代御器廠址の成化年間の地層が発見され、多量の磁器片が出土しました。それらにはみな焼成後打ち壊された痕跡があり、検品に落ちて廃棄されたものとされています。高台部分の数だけでも1万件以上にもなり、官窯での厳しい製品管理の様子が明らかになりました。

項目 内容
所蔵施設 大阪市立東洋陶磁美術館
作品ID 109
登録番号 00782
大分類 中国陶磁
作品名(よみ) せいか ほうおうもん ばん(「だいみんせいかねんせい」めい)
時代1 明時代
時代2 成化(1465-1487)
高(cm) 4.5
口径(cm) 18.4
景徳鎮窯
コレクション名 安宅コレクション
クレジット表記 大阪市立東洋陶磁美術館(住友グループ寄贈/安宅コレクション) 写真:〓(各画像左下の撮影者名を記入のこと)
重量(g) 213