黄地青花紅彩 牡丹唐草文 瓢形瓶(「大明嘉靖年製」銘)

明時代の彩磁の様々なバリエーションを示す好例です。いったん蔓草を描いた青花を焼き上げた後、白地の部分に黄釉を塗って二次焼成し、牡丹花を紅彩で表してさらに焼成したものです。黄色の下地によって、牡丹の赤色が鮮やかに発色しています。近年の調査で雑彩の技法自体は、すでに永楽期には成立していたことが明らかになっています。

項目 内容
所蔵施設 大阪市立東洋陶磁美術館
作品ID 122
登録番号 00805
大分類 中国陶磁
作品名(よみ) おうじせいかこうさい ぼたんからくさもん ひょうけいへい(「だいみんかせいねんせい」めい)
時代1 明時代
時代2 嘉靖(1522-1566)
高(cm) 21.6
景徳鎮窯
コレクション名 安宅コレクション
クレジット表記 大阪市立東洋陶磁美術館(住友グループ寄贈/安宅コレクション) 写真:〓(各画像左下の撮影者名を記入のこと)
重量(g) 686
最大径(cm) 12.0